主にプロ野球「横浜ベイスターズ」とその二軍「湘南シーレックス」への歪んだ愛。
時々、本や映画の話。
2008.02.03.Sun 一刀両断

「君主論」読了。

すさまじいほどの一刀両断。
あいまいな意見の存在を許さないような。
小気味良いですけどね。

この人は何故に。
ここまでの現実主義者になったのだろう。

実は。
注釈の多さで、読む時引っかかります。
本文と同じくらいあるんだよなあ。
当時の政治情勢とかは必要でしょうけど。
テキストの異同とかは正直うっとうしい。
専門書ではないんだから。

評価:
ニッコロ マキアヴェッリ
岩波書店
¥ 840
(1998-06)


| 16:04 | comments(4) | 読書 |


Comment











うざい程の注釈こそが、岩波の真骨頂♪
From. セル 2008/02/03 20:36

セルさんへ
うざったさにも程がある…。
From. minazukiakira 2008/02/04 22:14

塩野七生の愛人ですね。(亭主はカエサル)
『ローマ人』読み終わったらチャレンジ予定です。
From. Capt. 2008/02/05 08:55

Capt.さんへ
愛人…なるほど。
頑張ってチャレンジして下さい。
ちょっと塩野七生の文章と風合いが似てるかも。
From. minazukiakira 2008/02/05 21:46

Trackback

この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。