主にプロ野球「横浜ベイスターズ」とその二軍「湘南シーレックス」への歪んだ愛。
時々、本や映画の話。
2008.05.20.Tue 哲学的に。

「まろ、ん?―大掴源氏物語」読了。

登場人物が栗とか豆とかなのを除けば。
訳も絵も非常に真面目に作ってあります。
それほど笑えるってわけではない。

ただ、一帖見開き8コマで整理してあるので。
ぱっと見でわかりやすいのと。
(その後補足がつく部分もある)

哲学的なことを書いてある部分に。
ふっと引かれたりするのはあります。

交流戦が始まって。
劇的に何かが変わったりすることを期待するのは。
酷というものかなあ(笑)。
評価:
小泉 吉宏
幻冬舎
¥ 1,365
(2002-01)


| 22:09 | comments(0) | 読書 |


Comment











Trackback

この記事のトラックバックURL: http://akirami.jugem.jp/trackback/701